赤いルバーブの紹介

シベリア原産のルバーブ

真っ赤なルバーブ
真っ赤なルバーブ

ルバーブは、シベリア原産の多年草のタデ化の植物です。
ふきに似ていて、茎の部分が食用になります。欧米では、ジャムやお菓子の材料や肉料理のソースなど幅広く使われています。

最近では、塩漬けとして和食にも活用され始めました。

 

熱を加えるとすぐにやわらかくなるのが特徴。硬い茎が見た目からは想像できないようなフルーティーなジャムになります。食物繊維、カリウム、アントシアニンなどが豊富で、健康食品としても注目を集めています。

富士見町の赤いルバーブの分析試験結果

 

 

富士見町の「真っ赤なルバーブ」

赤いルバーブ
赤いルバーブ

ルバーブは、シベリア原産というだけあって寒さにはとても強い植物で、富士見町の冷涼な気候に合っているようです。赤いルバーブは、春・5月下旬から収穫が可能となりますが、春と秋とでは特徴が大きく異なります。

 

春のルバーブは、酸味が強くみずみずしさに優れています。一方、秋になり気温が下がると赤い色が際立ち、酸味もやわらかくなります。秋のルバーブは、9月下旬から霜が降りるまで収穫できます。

春と秋のルバーブでは酸味や色が大きく変化しますので、春のみずみずしい酸味と秋の際立つ赤の両方を楽しんでいただくのがオススメです。 

 

栽培へのこだわり

栽培にあたっては、ルバーブを安心して食べていただくために、農薬や化学的な肥料をできるだけ抑えた栽培方法を採用しています。

 

 

株分けについて

赤いルバーブ特産品化は、富士見町の活性化を目的にはじめました。


現在は、遊休荒廃地の削減・化学的な農薬や肥料を出来る限り使用しない農業の普及・新しい流通システムを目的に、町内に生産者を増やしているところです。その為に、富士見町内の方でも、その目的に賛同し生産組合に入って頂いた方のみに株をお分けしております。

 

その為、最近特に「赤いルバーブの株を分けて欲しい」という、町外の方からのお問い合わせが多いのですが、どなたも例外なくお断りしております。


大変に心苦しいのですが、ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。