優秀作品:ルバーブのビシソワーズ

レシピ:1人分(90ml)

 

■材料

冷凍赤いルバーブ2cmに切ったもの50g

じゃがいも:20g

玉ねぎ:10g

バター:2g

水:50cc

コンソメ:1/4~1/2個

塩:少々

こしょう:少々

ローズマリー:飾り用

 

■作り方

1.じゃがいも、玉ねぎ、バター、塩、こしょう、水を耐熱容器に入れ、軽くふたを

 して電子レンジ600w、2分加熱。

2.冷凍赤いルバーブを1.に加え軽くふたをして電子レンジ600w、1分加熱。

3.飾り用に1切れルバーブを取り出し小さく切っておく。

4.2にコンソメ1/4個を加え軽くふたをして電子レンジ600w、1分加熱。

5.4.をスプーンでつぶしながらまぜる。味見をしてお好みでコンソメを加え

 味を調える。

6.ハンドブレンダーでなめらかにする。

7.器に盛り、飾り用の赤いルバーブとローズマリーを飾る。

8.冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。

 

■作品のPR

赤いルバーブの色を生かした綺麗なピンク色のスープを作りました。赤いルバーブのまろやかな酸味がかったすっきりした味です。

優秀作品:ルバーブの酢飯

■材料(6人分)

≪ルバーブの塩漬け≫

ルバーブ 20cm 4本

塩    ルバーブに対して5%

≪酢飯≫

精白米  500g

水    700~750㏄

酒    大2

昆布   10g

(合わせ酢)

酢    大4~5

砂糖(A)  大2

塩(A)  小1と1/4

≪酢飯の具≫

卵    3個

塩(B)  小1/3

砂糖(B) 小1

油    適量

ルバーブの塩漬け 70g

青しそ  適量(なければ三つ葉などでもよい)

■作り方

1 洗った米をザルに入れ、30分程水を切っておく。

2 ①の米に水・酒・昆布を入れて炊飯する。

3 昆布を取り出しAの合わせ酢を入れて、あおぎながら切るように混ぜる。

4 卵をときほぐし.Bの調味料を入れ.油を薄くしいたフライパンで薄焼き卵を作る。

5 ④の薄焼き卵を1cm角に切る。

6 細切りにした青しその葉とルバーブの塩漬けと⑤の薄焼き卵を酢飯に混ぜる。

特別賞:赤いルバーブを楽しむ菓子パン

■材料

ルバーブ → 5本程度

グラニュー糖 → 適量

クリームチーズ →  18g×3 (サイコロ状に切って冷凍にしておく。)(kiriキューブ型3個)

強力粉 → 250グラム

イースト → 3グラム

塩 → 3グラム

水 → 170ml

■作り方

1. ルバーブを1.5センチ程度に切り、グラニュー糖

  をまぶして置いておく。

2. ボールに強力粉、イースト菌、塩、水を入れて

  こねる。

3. 最初はボールの中でこね、まとまって来たら、

  生地にツヤが出るまで、台の上でこねる。

4. こねあがったらボールに入れて、30分ほど発酵

  させる。

5. 途中で生地のガスを抜き、再度発酵させる。

  (60分程度)

6. ガスを抜き、生地を6等分して、しばらく置く。(10分程度)

7. 6等分した生地を好きな形に整形する。

8. 整形する際に1のルバーブやサイコロ状に切ったクリームチーズを包んだり、

  生地を平らにして、のっけたり自由に作る。

9.オーブンを200度予熱して、14分焼く。

特別賞:レインボーかき揚げ

■材料 (4人分)

玉ねぎ   1/2個

ごぼう   40g

人参   40g

かぼちゃ   40g

黄色いパプリカ  40g

ピーマン       40g

ルバーブ       50g

≪ころも≫

卵   1個

冷水   1/2cup

小麦粉又は米粉 1cup110g位

≪天つゆ≫

水       200cc

みりん   大3

醤油   大3

 だしパック  1袋

揚げ油   適量

■作り方

1 野菜を少し太めの千切りにする。

*ごぼうは水にさらす。

2 切った野菜をボウルに入れ、軽量した小麦粉から大さじ1くらい入れ、

   全体に混ぜ合わせておく。

3 別のボウルに<ころも>の材料を入れて混ぜる。

4 ③のボウルに②の野菜を入れてさっくり混ぜ合わせる。

5 170~180℃の油で揚げる。

6 天つゆの材料を鍋に入れひと煮立ちしたら火を止める。

特別賞:ルバーブとそぼろのまぜご飯

■材料

・ルバーブ   20cm、 8本

・塩       適量

・ひき肉     200g

・料理酒    大さじ2

・みりん    大さじ1

・醤油     大さじ2

・砂糖     大さじ1.5

・ご飯     お茶碗4杯程度

■作り方

1.ルバーブを1cm程度に切り、熱湯にさっと通す。

2. 瓶に湯を切ったルバーブと塩を入れて、蓋をしてよく振っておく。

  (一時間程度置いておく。)

3.ひき肉を炒め、火が通ってきたら、料理酒・みりん・醤油・砂糖を加える。

4.炊き立てのご飯にルバーブの塩漬けと炒めたひき肉を加えて混ぜる。

 ※お好みで大葉の千切りを乗せる。

特別賞:ルバーブの塩漬けとビーツのリゾット

■材料

・ルバーブ   20cm、5本

・にんにく  1かけ

・ビーツ    半分

・玉ねぎ    半分

・ベーコン  2枚

         (小さいものであれば4枚)

・塩       適量

・こしょう    適量

・白ワイン   大さじ1

・コンソメ   1キューブ

・チーズ    適量(パルメザンでもピザ用チーズでも可)

・ご飯     お茶碗2杯程度

・水       適量

■作り方

1. ルバーブを1cm程度に切り、熱湯にさっと通す。

2. 瓶に湯を切ったルバーブとルバーブの5%の塩を入れて、蓋をしてよく振って

  おく。(一時間程度置いておく。)

3.フライパンにオリーブオイルとにんにくをいれ、火にかける。

4.いい香りがしてきたら、ビーツを加える。

5. ビーツが柔らかくなってきたら、ベーコンと玉ねぎを加え、塩とこしょうで

  少し濃いめに味をつける。

6. 白ワイン・コンソメをいれ、軽くアルコールを飛ばす。

7. ご飯をいれ、様子を見ながら水を少しずつ加えていく。

8. ルバーブとチーズを加え、すばやく混ぜる。

 ※お好みで生バジルまたは乾燥バジルを乗せる

特別賞:豆腐白玉の梅が枝餅風

■材料(直径8㎝4個分):

 白玉粉          100g

 豆腐(絹ごし)   90g

 調整水           20㏄前後

 白こしあん       60g

 ルバーブ砂糖漬   40g

■作り方:

(1) 白こしあんとルバーブの砂糖漬を混ぜ、

  4分割し(1個25g)丸めておく。

(2) ボウルに白玉粉を入れ、豆腐を崩しながら手でよくもみ込み、様子を見ながら

  少しずつ調整水を加えて(生地がひとまとまりの粘土のようになり、手にも

  ボウルにもくっつかなくなる程度が目安)、よくこね、4等分して丸めておく。

(3) (2)を手のひらの上で丸く広げ(ふちを薄めに)、真ん中に1をおいて包みこみ、一旦丸めてから平らにする(直径5㎝)。

(4) 中火で熱したフライパンに、さらに手で押し広げて(直径8㎝)、焦げ目がつく

  まで3分ほど焼き、裏返してヘラでぎゅっと押し、同様に焼く。(フッ素樹脂

  加工のフライパンは、油をひかなくてもOK)

(5) 出来上がったら、1個づつラップでくるむ(くっつかないよう)。

■作品のPRなど

水の代わりに豆腐を使うと、冷めても硬くなりにくいのです。

焼き立てがお勧めですが、残った分は、冷凍も可能。

さめたものや、冷凍したものは、オーブントースターなどで温めて。

白こしあんの代わりに、こしあん、つぶあんを使っても。

特別賞:ドイツ風ケーキ

■材料

赤いルバーブ 200g

グラニュー糖 20g

卵 1個

グラニュー糖 50g

塩 少々

レモン果汁 小さじ1/2

バニラエッセンス 1〜2滴

ピュアオリーブ油 25ml

水切りヨーグルト30g

牛乳 30ml

薄力粉 75g

コーンスターチ 10g

ベーキングパウダー 5g

直径15cmタルト型2台分あるいは直径20cmタルト型1台分

■作り方

オーブンを200度に余熱しておく。

薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

タルト型の内側にバター(分量外)を薄く塗っておく。

1 ルバーブを1.5〜2cmに切り20gのグラニュー糖をまぶしておく。

2 ボウルに卵を入れてホイッパーで解きほぐし、グラニュー糖、塩、レモン果汁、バニラエッセンス の順に加え、ふんわり泡立てる。

3 2にピュアオリーブオイル、水切りヨーグルト、牛乳の順に加えよく混ぜる。

4 ふるっておいた粉類を2〜3回にわけて3に加え、よく混ぜる。

5 4を型に流し入れ、表面に1のルバーブを満遍なく散らし、200度のオーブンで18分程度焼く。

■作品のPRなど

富士見町の繊細な赤いルバーブを皮付き・生のままケーキ生地にのせて焼き上げた、ワンボウルの簡単ケーキです。

バター不使用のヘルシーケーキ、コーンスターチ入りの生地は焼き立ては、サクッとふんわり、翌日はしっとり、違ったり食感が楽しめます。

森本智子著「ドイツ菓子図鑑」を参考に、作りやすいレシピにアレンジしました。