レシピ募集2021 審査結果

レシピ募集2021へのご応募ありがとうございました。

ご応募いただきました作品について、審査を行った結果、次のお二人の作品が優秀作品として決定いたしました。(写真:審査風景)

お二人には、富士見町の赤いルバーブ2㎏をお贈りさせていただきます。

 

また、「富士見パノラマリゾート」ゴンドラリフト券(ペア)及び

「富士見高原スキー場」親子チケットは、ご応募いただきました方々の中から、抽選により決定させていただきました。 

 

 

 

 

 

優秀作品:赤いルバーブ味噌

 東京都 佐々木千恵美様 

 

 

 

優秀作品:うずまきスイートポテト

 東京都 五十嵐容子様

優秀作人のレシピ

赤いルバーブ味噌

◆材料

 赤いルバーブ(1cm位に切る)100g

 砂糖(てんさい糖)   40~50g    

   *普通の砂糖でも可

 白みそ(西京味噌又は信州白みそ)100g      (又はお好みの味噌でも。)

◆作り方

 A:火入れ版

鍋に赤いルバーブ、砂糖を入れゴムベラで混ぜ、30~1時間位、水分が出るまで置く。

10ml位水を加え中火にかけ、混ぜながら繊維が崩れジャム状になったら火から下し、味噌を加えよく混ぜ、清潔な容器に入れ冷ます。

 *ルバーブが爽やかに香り、鮮やかな赤ピンク色に仕上がります。

 *糖度55~59位あるので、清潔な保存容器なら数週間冷蔵保存できます。

  塩分濃度は、西京味噌版0.4%位、辛口味噌版0.9位になります。

 *甘みのある西京味噌版は肉料理に合い、辛口信州白みそ版は、無塩バターを

  溶かし混ぜ鮭のソテーのソースに、きゅうりなどのディップに。

  トマトケチャップと混ぜればパスタ、麺類のソースの隠し味に。

B:生熟成版

清潔な保存容器に味噌、赤いルバーブ、砂糖、味噌の順に空気を入れずに詰め、

ラップを密着させ、涼しい室内に半日~1日置いたら冷蔵庫に入れ、2~4週間熟成させる。時々ラップを押して空気を抜く。(ジップロックなどの保存袋で脱気して作っても良い。)スティックミキサーにかけてペースト状にする。

 *Aに比べると色は少しくすんだ感じで、お味噌の香りのほうが強いですが、

  酸味はちゃんとありますので、ルバーブが主張しすぎない料理に向きそうです。

 *糖度47位(西京味噌) 

 *西京味噌版はマヨネーズ、レモン汁と混ぜてサラダのオーロラドレッシングに

  したり、鶏肉、豚肉をオリーブオイルとマリネしてからソテーするとおいしい。

  また、コクのある麦味噌で仕込んだものは、お豆腐の冷奴にのせても合いまし

  た。

うずまきスイートポテト

◆材料(直径5㎝、8個分)

さつまいも  1本(約300g)

砂糖          30g

バター          20g

ルバーブジャム       大さじ2

◆作り方:

1.さつまいもを2cm厚さに

  輪切りし、分厚く皮をむいて、水にさらす。

2.鍋にさつまいもと水をひたひたに入れ、竹串がすっと通る柔らかさになる

  までゆでる。

3.②のさつまいもを熱いうちにフードプロセッサーに入れ、マッシュ状に

  する。

4.鍋に③、砂糖、バターを入れ、弱火でヘラで混ぜる。

5.④をクッキングシート2枚の間に挟んで、麺棒で縦21㎝横14㎝に

  伸ばし、冷蔵庫で30分冷やす。

6.上のクッキングシートをはずし、ルバーブジャムを全体に塗る。

 (ただし、手前3㎝を塗らずに残す)。

7.向こうから手前に少しずつそっとと巻いて、巻き終わりを下にして、

  クッキングシートに包んで、冷蔵庫で30分冷やす。

8.厚さ15㎜に切る。包丁でもよいですが、木綿糸を使うと、断面が

  つぶれずきれいに切れます。

9.アルミホイルに乗せて、オーブントースターで焼き色が付く程度に

  加熱する。

皮は、食べやすい長さに切り、さらに水にさらして、水をよく切って、サラダ油で

 素揚げして、塩をまぶすとカリカリで美味しいです。